So-net無料ブログ作成

女子柔道15選手が園田監督ら五輪合宿で暴力告発 [事件・事故]

ロンドン五輪の柔道に出場した日本代表を含む国内女子トップ選手15人が、五輪に向けた強化合宿などで園田隆二代表監督(39)やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を連名で昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に提出していたことが29日、関係者への取材で分かった。トップ選手による集団告発は異例。

柔道.jpg

JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)は倫理委員会で園田監督らに聞き取り調査し、当事者は事実関係を大筋で認めているという。園田監督は取材に対し「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話した。

関係者によると、「女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて」と題された文書は、練習での平手や竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要などを訴え、全柔連に指導体制の刷新を求めているという。

スポーツ界では大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の男子生徒が、顧問の教員から体罰を受けた後に自殺した。今回の告発は、国内トップレベルでも暴力が横行する実態を明らかにした。

JOC幹部は29日、文書の提出があったことを認め「アスリートファースト(選手第一)が基本。正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」と述べた。


次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」無料版ほったらかしで30万円稼いでいるノウハウを大公開 ゼロから5億の「不労所得」を作った男 

FX TOPページはこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。