So-net無料ブログ作成

上原さくら 別居中の旦那が自室侵入したとし110番通報 [芸能エンタメ]

泥仕合が繰り広げられようとしている、上原さくら(35才)と別居中の夫で会社経営者・青山光司氏(40才)の夫婦。

トラブルの発端は1月31日発売の『週刊文春』が、昨年11月、上原が自殺未遂騒動を起こしていたと報じたことだった。記事では、上原が知人に送ったとされるメールが公開され、そこには青山氏の巨額脱税のほか、母親とともに「タカリ屋!」となじられたことなどが綴られていた。

翌2月1日発売の『FRIDAY』では、青山氏がインタビューに応じ、上原のメールの内容を「事実無根」と全否定。昨年9月に突然離婚を切り出され、「(慰謝料は)最低5億円は欲しい」と要求されていることなどが明かされた。夫妻の知人はこう話す。

上原さくら.jpg

「昨年秋には青山さんが上原さんと住んでいた家を出る形で別居となり、青山さんは代理人を立て離婚に向けた協議へと動き始めました。でも上原さんは精神的疾患を理由に協議に応じようとしていない状況なんです」

そんななか、さらなる事態が勃発していた。1月下旬のことだ。

「上原さんが留守の間に、青山さんが自宅に行ったんです。金庫に置いたままにしてきた現金や高級腕時計を返してもらおうと思ったみたいなんですね。でも、金庫が置いてある上原さんの部屋に鍵がかかっていて中に入れなかったそうなんです。

それで青山さんは鍵を壊して上原さんの自室に入ったみたいなんです。上原さんは帰宅してびっくりですよ。部屋の鍵は壊されてるし、金庫はからっぽだし。犯人は青山さんだと確信し、110番通報したそうです」(ふたりを知る芸能関係者)

この件について、青山氏は代理人を通じてこうコメントした。

「確かに彼女の通報で警察が自宅に入りました。でも部屋の鍵は最初から壊れていたし、金庫は夫婦共有のもの。しかも持ち帰ったのは200万円ほどの自分の時計です。むしろ、本来そこにあるべきだった700万円のディオールのブローチ、それに2300万円のパテック フィリップの時計がなくなっていたことが問題ですよ。彼女に返すよう求めていますが、聞き入れてもらえないので、訴訟を視野に入れています」




■関連ニュース

上原さくらと離婚騒動の青山光司 お見合い相手募集していた http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130206-00000301-jisin-ent

「これまで上原さんが精神状態を理由に離婚協議に応じようとしなかったのに、急きょ調停が行われると決まったそうです。その直後に突如、週刊誌での自殺未遂報道。青山さん側は『調停に合わせた意図的なリークでは……』と疑っているようです」(芸能関係者) 建設資材リース会社社長の青山光司氏(40)との泥沼離婚騒動が発覚した上原さくら(35)。発端は、『週刊文春』2月7日号。上原が夫から「タカり屋!」などの数々の罵詈雑言を浴びせられ、睡眠薬や飛び降りなど、何度も自殺を図ろうとしていたという。知人へのメールで《葬式に夫は呼ばないで下さい》と綴った彼女。直撃取材でも、自殺未遂や遺書メールなどの事実を否定することはなかった。 いっぽう、青山も『FRIDAY』2月15日号ですぐさま反論。両記事は互いの異性関係にまで言及し、両者の主張は真っ向から対立。青山氏は“今後、公の場にて争う事もあるかと思いますが、全ての証拠は揃っておりますので”と法廷闘争の構えを見せている。 昨年10月から上原と別居していたという青山氏。結婚生活は11年4月の結婚からたった1年半で崩壊を迎えたのだ 「上原さんと出会った当初、青山氏は、年商100億円王子と言われ、年収1億8千万円、モデル級の美形に、5億円豪邸にひとり暮らしなど、たびたびメディアに取り上げられた“有名セレブ”でした」(別の芸能関係者) 実は青山氏は上原と結婚する前、本誌07年10月16日号で「お見合い相手」を募集していた。彼は“理想の女性”の条件を次のように挙げている。 一、背が高い、モデル体型の人。理想は170cm以上二、煙草を吸わない人三、お酒は嗜む程度四、バストは大小問わず五、癒し系でいて、明るく、よく喋る人六、旅行好きな人七、英語ができればベスト


次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」無料版ほったらかしで30万円稼いでいるノウハウを大公開 ゼロから5億の「不労所得」を作った男 


共通テーマ:芸能
FX TOPページはこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。