So-net無料ブログ作成
検索選択
マンガ・アニメ ブログトップ

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 Q [急] 公開 冒頭6分38秒 予告編 [マンガ・アニメ]

ヱヴァンゲリヲン待望の「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 Q」が
いよいよ公開されます。

少しだけでも・・・と最新版の内容が気になる方は
11月16日
金曜ロードSHOW!にて『破 TV版』および『Q 冒頭6分38秒 TV版』が放映予定されています。



アニメ版「新世紀エヴァンゲリオン」が放送され、人気に火が付いた
エヴァシリーズ。

新劇場版は
2007年:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
2009年:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
2012年:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』


そして
2013年:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:???』←タイトル未定(ファイナル?)

の四部作が予定されています。



【ヱヴァンゲリヲン新劇場版 Q 予告編 TV版】16日放送 冒頭6分38秒部分


■以下ウィキペディアより

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』(エヴァンゲリオンしんげきじょうばん)は、日本のアニメ映画シリーズであり、『新世紀エヴァンゲリオン』のリビルド(再構築)作品である。2007年に第1作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、2009年に第2作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が公開された。

【概要】
大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年 - 1996年放送)を、新たな設定とストーリーで「リビルド(再構築)」したものである。

全4部作が予定されている。当初は仮称の「前編、中編、後編、完結編」としていたが、後に『序破急』にちなむ「序、破、急、?」と発表され、さらに『急』は『Q』に改められた。

【旧世紀版との関係】
旧世紀版(テレビシリーズおよびその完結篇にあたる旧劇場版)とは異なる「新世紀のヱヴァンゲリヲン」として、全く新しい結末が予定されている。

エヴァンゲリオンの本体色や細部の意匠、NERV(ネルフ)やゼーレのシンボルなどが一新され、「破」からは新型のエヴァンゲリオンや新キャラクターが登場する。

「ヱヴァンゲリヲン」という語は新劇場版のタイトルでのみ使われ、劇中に登場するエヴァンゲリオン、あるいは、旧世紀版を含めた総称としては、従来どおりの「エヴァンゲリオン」が使われる。また略称も従来どおりの「エヴァ」(または「EVA」)で、「ヱヴァ」のような表記は見られない。

声優は(『序』『破』までは)、旧世紀版の配役と同一。

共通テーマ:アニメ

水木一郎 ホバーパイルダー(マジンガーZ) 公開捜査 [マンガ・アニメ]

アニメ「マジンガーZ」などのアニメソング歌手で知られる、水木一郎が
1997年にライブのために制作したアニメ『マジンガーZ』でおなじみの
実物大ホバーパイルダー(小型ホバークラフト)を探している。

keyvisual_wanted.jpg

東映ビデオのホームページには
1997年、「マジンガーZ」の様々な主題歌・挿入歌を歌う水木一郎氏のライブのために
制作された実物大のホバーパイルダー。翼が可動し、
発煙したり電飾が光るなどギミックが施された精巧なもの。
ライブ【スーパーロボット魂】の先駆けとなった【ROBONATION SUPER LIVE】などのステージに登場し、
宙を舞ったこのホバーパイルダーは、
後に(事務所からの要請に応じて貸出してもらう約束で)抽選によりファンの方にプレゼントされましたが、
現在管理されている方が分からなくなっております。
マジンガーZ生誕40周年を迎えた2012年、我々スタッフは、このホバーパイルダーを探しております。

と返却を切望するメッセージを掲載している。有力情報には謝礼も支払う。

水木一郎のコンサートで使用された実物大ホバーパイルダーの“実物” 
still_robonation8.jpg

マジンガーZの生誕40周年記念イベントで、再び公開しファンに披露したい考えだ。
漫画家・永井豪原作のロボットアニメ「マジンガーZ」はロボットアニメの金字塔的作品で
後の『機動戦士ガンダム』や『新世紀エヴァンゲリオン』等の起源となっている。

スーパーロボット超合金 マジンガーZ

実物大ホバーパイルダー 情報はこちらへ!
情報送付先アドレス mazingerZ40th@toei-video.co.jp
東映ビデオHP 特設サイト http://www.toei-video.co.jp/BD/mazinger-the-movie.html

あだち充 新連載MIXの舞台は「タッチ」に登場する明青学園! [マンガ・アニメ]

タッチ CROSS ROAD 風のゆくえ [DVD]
不朽の名作マンガ「タッチ」の世界から26年後を舞台にした
新連載を始めることが11日、明らかになった。
タイトルは「MIX(ミックス)」。
「タッチ」の続編であるか、達也やヒロインの浅倉南らが登場するかも含めて、
ファンの注目を集めそうだ。
恋愛音痴

4月12日発売のゲッサン6月号には連載予告が掲載され、
「タッチ」主人公の上杉和也・達也兄弟の母校「明青学園」の前で、
兄弟らしき子供2人がキャッチボールをしているイラストが描かれ、
「待望の大型青春ストーリー」と銘打たれ、
さらに「舞台は明青学園--上杉兄弟の伝説から26年、
今、再び、運命の兄弟が明青学園の扉を開く。
そして物語は始まる--」と書かれている。
恋愛上手

本当に「タッチ」の続編なんでしょうか?
18歳から26年後ということは、南ちゃんは44歳か・・・
歳を重ねて、恐らく結婚して子供を生み、お母さんになって居るであろう
南ちゃんの姿、どんなふうに描かれているのか
「タッチファン」には気になるところですね。

あだち充さんの代表作は
「タッチ」「ラフ」「クロスゲーム」「H2」「ナイン」などがある。
魔性の男


マンガ・アニメ ブログトップ
FX TOPページはこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。