So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ

FIFA ブラッター 汚職再選後、辞意表明 [スポーツ]

ついの間FIFA(国際サッカー連盟)の会長に再選された、ブラッター氏が、国際的世論に耐えかねて、突然辞意を発表した



FIFA(国際サッカー連盟)をめぐる前代未聞の収賄事件で、国際的な批判が高まる中、会長に再選したばかりのブラッター会長が2日、突如会長を辞任する考えを表明した。
ブラッター会長は「わたしは、FIFAの会員からは信任を得たが、全ての人々からの信任を得たわけではない」と述べ、辞意を表明する一方で、新たな会長が選出されるまでは、会長職にとどまる考えを示した。
ブラッター会長は、5月29日の会長選挙で、5回目の当選を果たしたばかりだったが、国際的な批判の声が強まっていた。
FIFAをめぐっては、アメリカ司法当局が、多額の贈収賄などの疑いで、副会長らあわせて14人を起訴したほか、賄賂の送金については、ブラッター会長の側近の事務局長の関与が、新たに浮上している。

やっぱり、って感じ
あの血色の良さは、裏で悪いことしてる顔だ(^^)

共通テーマ:スポーツ

ツォンガって誰?ファイナルセットで錦織に勝利 [スポーツ]

錦織.jpg

テニスの4大大会第2戦、全仏オープン第10日は2日、シングルス準々決勝が行われ、男子は第5シードの錦織圭(日清食品)が、第14シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)と対戦し、フルセットの末に1-6、4-6、6-4、6-3、3-6で敗れた。錦織は日本男子として1933年の佐藤次郎以来82年ぶりの4強入りと、準優勝した昨年の全米オープンに続いて自身2度目となる4大大会の準決勝進出を逃しました。

いや~いい試合でしたね
ツォンガ選手の地元フランスということも有り、試合は錦織にとって完全アウェーでした
風も強そうで、錦織にとってコートのコンディションとしては、良くなかったです。

ところで、錦織に勝利した「ツォンガ」って、テニスあまり良く知らないですけど見たことなかったので、少し調べてみました。

錦織がフルセットの末に敗れた「ツォンガ」ってダレ?

ツォンガ.jpg

ツォンガ選手とは、フランス国籍の選手で現在のランキングは15位の選手。
1985年4月17日生まれ、188cm / 90.7kgで、時速200キロを軽く超える高速サーブ、そして全身のバネを生かしたアクロバティックなプレーが魅力の、コート上のエンターテイナー。陽気な性格でショーマンシップにあふれているため、ファン人気は極めて高い。

また、2008年の全豪オープン準優勝や11年ウィンブルドンでのロジャー・フェデラー撃破に象徴されるように、ひとたび勢いに乗れば、誰が相手でも圧倒できる高いポテンシャルを秘めている。だがその一方で、勝利への執着心が希薄で、接戦に弱い一面も……。13年は全仏オープンで準決勝進出を果たしたが、14年はグランドスラム4大会すべてで4回戦敗退となった。

やや余談になるが、風貌がボクシング元ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリに似ていることから、ニックネームは“テニス界のアリ”。勝利の後に、親指で背中を指差しつつコートを飛び舞う“ツォンガ・ダンス”は、男子テニスの名物でもある。

だそうです。(^_^;)



共通テーマ:テレビ

北島康介 彼女と婚約 相手はガール・ネクスト・ドア 千紗 [スポーツ]

競泳男子平泳ぎで五輪2大会連続2冠に輝き、昨年のロンドン五輪でも男子400メートルメドレーリレーで銀メダルを獲得した北島康介選手(30)、日本コカ・コーラ=が、3人組ポップスグループ「ガール・ネクスト・ドア」のボーカル、千紗さん(27)=と婚約したことが31日、明らかになった。双方の所属事務所が発表した。発表によると、北島選手と千紗さんは2年前、共通の知人を介して知り合ったという。12年夏に北島選手が、婚約指輪を千紗さんに贈った。13年中に婚姻届を提出する予定だという。結婚式の日程は未定。

北島康介.jpg千紗.jpg

北島選手は「2年前からお付き合いさせていただいており、彼女の支えもあって競技生活に励むことができた。今は将来のことを含めて一緒に考えている」、千紗さんは「一緒に彼と歩んでゆく日々の中で、お互いに同じ将来を考えるようになった」とそれぞれコメントした。

アスリート仲間からはツイッター上で祝福の声が上がった。
競泳の萩原智子(32)は「新年から、めでたいニュース!おめでとう」と顔文字入りの投稿。陸上の為末大(34)は「おめでとー」、ゴルフの上田桃子(26)は「康介さんおめでとーーー!!」と喜んだ。

共通テーマ:芸能

大竹七未 結婚!元U-19日本代表MF弦巻健人(拳東)と [スポーツ]

「なでしこ」のテレビ解説でよく顔を見る、大竹七未さん(37)が

J2松本の元U―19日本代表MF弦巻健人(拳東)(24)が結婚することが24日、分りました。

大竹七未さんは、東京国際大女子監督をされていて日本代表としても

活躍されていました。選手時代のポジションはフォワードでした。

ふたりは同じ東京ベルディの下部組織育ちで、弦巻健人とは中学時代から

顔見知りだったそうです。

   「私をすごく大切にしてくれるところと、自分よりも彼が大切だと思えたところが
    付き合うきっかけ」と大竹さん。
   「家事もお料理も抜群で七未さんの笑顔がとても好きで引かれました」と弦巻選手。


約2年半の交際を経て、今月16日に婚約。

弦巻健人の誕生日である6月29日に入籍の予定だとか誰にも言えないアソコらへんの話


大竹さんは結婚後も仕事を続け、住居が長野埼玉と離れているため、

当面は同居しないということです。

大竹七未さんと言えば双子の妹さん“夕魅さん”がいらっしゃるそうで

夕魅さんはサッカー元日本代表三浦淳寛選手の奥さんだそうです。
 
またお昼の情報番組「ひるおび」に出演後、ツイッターで

    「 本当に本当に皆さんどうもありがとうございます!!
    こんなに祝福して頂いて…本当に本当に嬉しいです(涙)
    そして「ひるおび!」のスタッフさん、恵さん、出演者の皆様、
    本当にどうもありがとうございました!!凄いサプライズでした!感激です(涙)」


とツイートしていました。

先日亡くなられた松田直樹選手との事を乗り越え

13歳年上の“姉さん女房”として弦巻健人選手を支えていってくれるでしょう。

本当におめでとうございます。

リアルヴィーナス カードって何なんでしょ?

スポーツ ブログトップ
FX TOPページはこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。